車のブレーキシステムを理解する

一般的な乗用車の場合では、大きく分類すると3つのブレーキシステムを利用することが可能とされています。

 

一番メインとして活用されているものでは、フットブレーキとも呼ばれているもので、アクセルペダルの横に設置されているタイプになります。

 

通常の運転中に減速をしたり、停車をする際にも活用するもので、自動車の中でも特に安全を確保するための重要なパーツになります。

 

また、多くの車両で油圧を利用した設計が施されているために、重量のある車体であっても、少しの力でブレーキを掛けることが可能になります。

 

もう1つにはパーキングブレーキと呼ばれているものがあります。

主にセンターコンソールの横にレバーが設置されていて、手動で操作することが行われていますが、一部の車両では運転席の足もとに設置されているケースも見られます。

パーキングブレーキの特徴は、後輪のブレーキを操作することに限定されていて、その名の通り駐車する際に利用することが良い方法とされています。

 

3つ目のブレーキに関しては、エンジンブレーキと呼ばれているものがあります。エンジンブレーキは他のブレーキと異なって、ペダルやレバーなどが用意されているものではありません。エンジンの回転数を利用して減速を促すもので、運転上のテクニックの一つになります。